スポンサードリンク

Aライン・ウエディングドレス

Aライン・ウエディングドレス
Aライン・イラスト.jpg

上半身から裾にかけて、ナチュラルに流れるラインが特徴。
ちょうどアルファベットの【A】の形に見えることから
Aラインと呼ばれる。
1955年にクリスチャン・ディオールが発表したものが一般化したと言われます。

どんな体系の人にも着こなすしやすく、さまざまな会場ロケーションにも
合わせることのできる。マルチドレスと言っても過言ではありません。


小さな上半身と、裾に向かって流れるようなラインがとても美しく
ウエスト部分を、高い位置にもってくることが出来るので、
脚を長く見せることが出来ます。
背の低い花嫁の場合は、特にオススメで、
ハイウエストによる効果が期待できます。

同じようなラインにプリンセスラインやベルラインがありますが、
Aラインは大人っぽく、落ち着いた印象を持たせるときにも
最適なドレスといえます。


華奢な方は、フレンチスリーブ・アメリカンスリーブなどで肩のボリュームを
持たせたり、ベールを上手く使ったりすることも出来ます。
タグ:Aライン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。