スポンサードリンク

ウエディングフェアの特典・裏技

ウエディングプランの下見にもいろいろあります。
式場・ホテルなどでは、実際の結婚式設営会場を見ることが出来ます。(直前見学会)まさに挙式が執り行なわれる直前の会場を
見れます。料理なども設定されています。

ここで注意して見て欲しいのは、披露宴の料理がほとんど出ているようならあとから出てくる料理は少ないということです。
暖かいものはあとで出してもらいたいと思うのですが・・。
まあ、料金にもよりますが、ほとんどの料理が先に並べられている
結婚式もあります。

料理も披露宴の大事な要素!あの時の料理は・・・と後々まで
残りますから。素敵な結婚式だった。お料理も良かった。そんな
披露宴にしたいですよね。

披露宴会場のテーブルの椅子の数です。椅子を引いた時に後ろとぶつかってしまうようでは、なんだか窮屈です。
会場の大きさもしっかり確認しておきましょう。
また、あとから料理が出ないのなら、椅子は多くても問題ないですが、あとから料理が出ないということは、暖かい料理は期待できないということです。
ご飯ものも、寿司や赤飯など冷めても(暖かくなくてもいいもの)
いいものにしてあるところもあります。
料理を重視している披露宴会場なら、椅子の数は少なくしているはずです。こういうところは、めでたい鯛めしなど、会場で炊き上げたり、ホカホカの料理を出してくれるでしょう。


いろいろ下見をして、ここに決めようと思ったら、またブライダルフェアに行ってみましょう。ブライダルフェアで仮予約すると
特典を用意してくれるところがありますよ!
料理の試食会に招待されたり、ブライダルエステサービス
前撮り写真の割引、衣装の白無垢が無料などなど・・・・。
結婚式、披露宴の仮予約なら複数日の予約も可能です。
仮予約といえども日付無しの予約は会場側が困惑するばかりですから、しっかりと決めてから予約しましょう。


会場の大きさや料理ばかりではありません。駐車場の大きさや
待合室・ロビーの広さもある程度考慮したほうがいいですよ。
結婚式専門の式場・会場ならば狭いロビーと言うことはありませんが、ホテルで1日何組も挙式のある場合など、宿泊客も一緒のロビーですから、混雑することも考えていなければいけません。
ホテルの朝10時からとか、夕方からの挙式は、チェックイン、
チェックアウトと重なってしまいますので、注意です。
100人の招待客で、50脚の椅子のロビーは、着物で来られる
方にとってはちょっとつらいです。次々受け付けすると言えども
ちょっとゆったりしたいところですよね。結婚式には和服で来られる方も多いですから。


結婚式場、披露宴会場の良し悪しは、
お金のかからないサービス的なところに行き届いた配慮がなされているかで解ります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。